MENU

初めて消費者金融からお金を借りるキャッシング利用

キャッシングが利用出来る消費者金融ってどんなところがあるの?
キャッシングは必ずしも銀行や消費者金融からお金を借りることとは限りません。クレジットカードを発行している会社でもキャッシングを利用できます。金融機関とカード会社のそれぞれの違いを解説します。銀行は低金利で貸し付けてくれるので、一番キャッシングを利用するに相応しい金融機関に思えますが、実際に利用するには審査に通過しなければなりません。この審査は、どの会社や金融機関からお金を借りる場合でも必ず行われます。銀行は最も審査基準が高く設定してあるので、低金利に惹かれて申し込んでも通過出来ない可能性があります。消費者金融は審査基準は銀行より低く設定されているので、経済力が乏しくても審査に通過出来る可能性が高いと言えます。
その代わり金利が高く設定されています。クレジットカード会社も消費者金融と同じで、審査基準が低くて通過しやすい代わりに金利が高く設定されています。金利と審査基準に差がある理由は、それぞれの金融機関と会社の方針に差があるからです。銀行はキャッシング以外にも、カードローンや預金口座など様々な利益を得る手段を持っています。カードローンや預金口座を利用してもらうには、利用者から信用を得なければなりません。特に預金口座にお金を預けるということは、銀行が経営破綻した場合にお金が引き出せなくなる場合があります。つまり、利用者も少なからずリスクを負っているということです。キャッシングを利用している多くの人々が滞納や踏み倒しを繰り返してしまうと、キャッシング以外のサービスを受けている利用者に信用されなくなります。信用を保つ為には、キャッシングの利用者を厳選して滞納や踏み倒しをする可能性が低い人物を選ぶことになります。審査基準が厳しいので、滞納や踏み倒しのリスクが低く金利も低く設定できます。消費者金融はより多くの顧客を獲得して、数で利益を得たいと考えています。消費者金融はキャッシング以外にはサービスを行っていないので、キャッシングだけでどれだけ利益を挙げられるかが問題です。その為に顧客を増やすことだけを考えて、審査基準を低く設定しています。しかし、この場合は滞納や踏み倒しをする可能性が高い人物も利用する可能性があります。もし、滞納や踏み倒しをされた場合は消費者金融が損失を被ります。そのときの損失をカバーする為に、金利が高く設定されています。つまり、滞納した人物のカバーを他の利用者全員で行っているということです。クレジットカード会社も同じであり、クレジットカードを作成する際にキャッシング枠を必ず設定しなければならないこともあります。これは、クレジットカードの利用による利益の発生よりも、キャッシングによる利益率の方が圧倒的に高いからです。その為に、頻繁にキャッシングの利用案内の連絡がくるカード会社も存在します。それぞれの金融機関や会社の中で、確実に審査に通れることを条件に選ぶことが大切です。